fbpx
65153154_2348411115215416_263879178598744064_n

八百戸の竹かご編みワークショップ 〜生活道具を作る〜

昨年に引き続き、ブラウンズフィールドに八百戸の戸崎先生がいらして、
新作の手さげ竹カゴを教えてくださいます!
めっちゃ、かわいいです!使い勝手が最高です!

裏山で竹を切り出し、竹ひごを作りを体験させていただいてから、
素敵な手さげ竹カゴを作成してお持ち帰りいただけます。
今回は、ワークショップの時間を多めに取ったので、ゆったりと心ゆくまで
竹カゴに向き合えますよ。

夜は農園から採れたての野菜を料理し、薪でご飯を炊き、五右衛門風呂も沸かして入りましょう。そして、ライステラスカフェのプレートも堪能しつつ、みんなで、おしゃべりしながらの竹かご編み。
絶対楽しいこと間違いないですよ!
10名限定ですので、お早めにお申し込みくださいね。

● 日程:2019年8月8日(木)〜8月9日(金)
● 場所 :ブラウンズフィールド サグラダコミンカ
● 集合時間:8月8日(木) 10時
ブラウンズフィールド サグラダコミンカ
送迎が必要な方は 9時53分。
外房線、長者町駅にお迎えに行きます。
(この時間に遅れた方はタクシーをご利用ください)
● 参加費 :28000yen
(竹かご材料費。ワークショップ代。宿泊費。送迎代。
夕食1回、朝食1回、ランチ2回の食事代を含みます)
● 持ち物 :水筒。帽子。汚れても良い服装と靴
虫除け虫刺され対策(竹やぶに入るため)
エプロン。霧吹き。手袋。剪定バサミ。
(竹かごを編む時に使います。
剪定バサミはもし無ければお貸しできます)
(手持ちの紐は、合成皮と裂き布を
こちらでご用意させていただきますが、
もしも、お好みの布などあれば、
お持ちください)
タオル、バスタオル 洗面用具
(シャンプーなどは、自然に還るものをご持参ください)
● 参加人数:限定10人
● スケジュール
8日(木) 9時53分 長者町駅お迎え
(お迎えの必要な方のみ)
10時 ブラウンズフィールドサグラダコミンカ集合
自己紹介
ブラウンズフィールドツアー 竹林見学
竹ヒゴ作り体験
11時半 ランチ 自由時間
13時〜16時竹かご編みワークショップ その1
16時  みんなでお夕飯作り お風呂炊き
ご飯炊き
18時〜   お夕飯
19時〜   竹かご編みワークショップ その2
21時〜   お風呂 就寝

9日(金)  8時〜    朝食
9時〜    竹かご編みワークショップ その3
11時半〜 ライステラスカフェでランチ自由時間
13時〜  竹かご編みワークショップ その4
仕上げ
できた人は自由時間
14時半〜 シェアリング
15時   解散
15時半  電車の方 太東駅に送迎

【 お問い合わせ・お申し込み 】
ブラウンズフィールド 中島デコ
deco 【at】 sea.plala.or.jp
【at】を@に変えて、件名に『竹かご編みワークショップ』とお書きいただき、
① お名前②人数③送迎の有無 ④メールアドレス⑤携帯番号
を添えて、ご送信ください。
お申し込み後3日以内に返信がない時は、フィルターにかかってしまっている場合がありますので、下記に電話していただき、留守番電話に、お名前とお電話番号を残してください。折り返し電話致します。
電話 080−6639−4192

【八百戸について】
「八百戸」は自然によりそったシンプルな生き方を実践しシェアする夫婦ユニットです。 それは「全ては大丈夫」と知っているおおらかな心から生み出される物やかたち。 大切な人達とそれらを分かち合いたいと思っています。 八百戸のしごと 「竹しごと」 家の中から野良仕事まで、実際につかえる竹製品の製作。販売をします。 ワークショップでは自分で作る竹細工の楽しみを伝えます。 さらに実際に竹林に入っての竹選びからひご作りまでの技術をシェアして全国に「竹の仲間」を増やしていきます。 「八百屋」 自然農との出会いから本物の野菜の力を知り、自らも野菜を作りながら仲間の就農者の無農薬野菜を販売しています。 大小さまざま、土付き、葉付き、畑での姿のまま、無駄の出ない計り売りでの販売にこだわっています。 「よろづ機械、道具修理」 前職のオートバイ修理の経験を生かして乗り物や農業機械をはじめ私たちの生活を助けてくれる機械や道具の修理全般をしています。 出張修理も承ります。 「野良着 製作販売 」 今後展開予定!

【講師プロフィール】

●戸崎祐治 とさきゆうじ
1968年東京生まれ。 10〜20代はミュージシャンとして活動。 30〜40代はクラシックバイクのショップを経営。 震災後から農に目覚め稲作を始める。   2017年、栃木県茂木町に居を構える「伍竹庵」 のWSに参加し竹細工と出会う。 以後「伍竹庵」にて通い弟子として学び、 2018年より、竹仕事の伝え手として活動を開始。   竹仕事に関わる仲間を全国に増やし、 暮らしや意識にシフトを起こすため精力的に活動中。

●戸崎容子 とさきようこ
スタイリスト、舞台衣装製作を経て自給自足を目指し自然農に出会う。 生活の中に野良仕事、手仕事を増やすことで生命の喜びを感じはじめた。 「八百戸」でその輝きを共に感じ、見つけ、伝えたい。 今後は昔からたずさわる衣服に立ち返り、綿を育て、紡ぎ、織り、着心地の良い野良着を製作予定。

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print
Share on email
Close Menu