inochi

アーユルヴェーダ いのちのころも展 @jiji蔵ギャラリー

植物の生命、土の中の微生物たち、そこに住む人々

インドで染めたばかりの放つ瑞々しい衣

生命が巡り合い、連鎖して

この季節にしか出会えない衣たち

何十種類もの薬草たちの複雑で

目には見えないけれど確かに存在している何か

アーユルヴェーダの智慧に基づいてつくられた伝統的なレシピ

技術、知識と日本の手仕事とインドの手仕事から

生まれた衣たち。

両日共、在廊しておりますので

2014年からはじまった衣の旅

これまでの経緯など、お写真を見ながらお話できたらと

思います。

人気のあるヨガマット、

今期の新商品ラグもお持ちしますのでご覧ください。

【いのちのころもとは】

インドには【アーユルヴェーダ】という伝承医学があります。

アーユルヴェーダは

「生命の科学」という意味のサンスクリット語で、

* AYUS(アユス)= 生命
* VEDA(ヴェーダ)= 智慧・科学

という2つの言葉が語源になっています。

古代インドで生まれ、約5000年以上の歴史をもつ

”生命そのもの”を科学する医学、
あるいは実践的な生活健康法として受け継がれてきた、

世界最古の伝統医療です。

インドの自然に根ざして育った1000種類以上の薬草の中から、
目的に応じて薬草を調合し、
薬草の美しい色、薬効、いのちの輝きを衣に移して定着させます。

どんな薬草が使われているのか

どんな方法で染めているのか

写真やパネルをご用意してご紹介いたします。

場所:ブラウンズフィールドにある慈慈の邸
  「蔵ギャラリー」
   千葉県いすみ市岬町桑田1501−1

日程:8/17-18 11:00-17:00

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print
Share on email
Close Menu