• コテージ
  • 慈慈の邸
  • ライステラスカフェ
  • ナチュラルストアアサナ
  • サスティナブルスクール
  • まるごと体験
  • ブラウンズフィールドについて
イベント

11/10,11 摘んで・摘んで・雑草リトリート ー大地と繋がって暮らす生きかたー


11/10,11、ブラウンズフィールドのサグラダコミンカでは、「雑草案内人」かわしまようこさんによるリトリートが開催されます。
雑草たちをはじめとした自然の力を借りて、こころもからだも癒され、浄化され、新しい一歩がまた踏み出せるような、そんなリトリートです。
詳しくは以下、案内をご覧ください。


_______________________________________

草を摘む姿は、美しい。

わたしたちは、ずっとそうやって生きてきたんだもの。

食べれる草を自分で見つけ、収穫する瞬間は、生きる力につながります。

お手当する草も、そう。

自分を調える草を自分で見つけることは、〝体にいいこと〟ではおさまりきれない、優しい気持ちがこめられます。

大地に立つと、体に気がめぐり、野生的な感覚が目覚めてきます。

だから、ね。

みんなで草を摘もう!

都会にも、田舎にも、いつも足もとに生えている、雑草たちと戯れる1泊2日間。

生きたいところで根をおろすからこそ、生命力の強い雑草。

彼らの命を愛で、ときにいただきながら、自分らしいライフスタイルを見つめる健康リトリートです。

かわしまようこ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
草を愛でる/草を食べる/草で癒す
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▶︎1日目

13時15分 (お迎えの必要な方)長者町駅
13時30分 ブラウンズフィールド サグラダコミンカ集合 チェックイン

自己紹介(みんなとつながる)
摘み草で花かざり(自然とつながる)
五右衛門風呂焚き(火の浄化)
草湯で手浴(手の浄化)
摘み草でお茶づくり(自然の知恵)
摘み草で夕ごはんづくり(✴︎重ね煮を中心に摘み草をいかした秋の食養ごはん)

19時〜 夕ごはんを食べながら、ゆるゆる健康トーク
(自然に生きること、自然と暮らすこと、こころと体のシェアリングなど)

✴︎重ね煮…素材の性質をはかる陰陽論を使い、一定の順序で野菜などを鍋に重ねてつくる料理。野菜のもつ自然のうまみを最大限にひきだす重ね煮に、食べられる草を加えてつくります。

▶︎2日目

7時30分 起床

朝の散歩(気のめぐりアップ大作戦)
ありがとうございますの練習(自己肯定力アップ大作戦)
自然と繋がるワーク(思考のサイレンス)
朝ごはん
道端に咲く草や花のフラワーエッセンスづくり(自然と自分と繋がる)
簡単ヒプノ(こころとからだの声を聴く)

12時 カフェランチを食べながら、シェアリング
14時頃解散

❇︎内容は当日の天候、そのときの流れで変更の可能性があります。
❇︎自然と自分と繋がる力をワークで深めたあと、フラワーエッセンスづくりをします。自然の状況によっては、ほかのお手当に変更になる可能性もあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

【摘んで・摘んで・雑草リトリート】

● 日程:2018年11月10日(土)~11日(日)

● 場所 :ブラウンズフィールド サグラダコミンカ
千葉県いすみ市岬町桑田1501-1 
brownsfield-jp.com/

● 集合時間:11月10日 13時30分 
ブラウンズフィールド サグラダコミンカ       

● 参加費 :24000円(ワークショップ、宿泊費、2食+2日目のカフェランチ)

● 参加人数:限定12人
● 持ち物 :タオル、洗面用具、着替え、草が切れるはさみ、透明のグラス、空きビン1、2個(用途秘密、大きさなど自由)

● お問合せ・お申込み
① 名前 ②住所 ③年齢 ④職業 ⑤当日連絡のつく携帯番号 ⑥交通手段(長者駅より送迎希望の方は、下記送迎時間をご確認のうえ送迎希望とご連絡ください)

参加希望のかたは、①〜⑥を書き添えて
tavivittomin@hotmail.co.jp 中原までご送信ください。
お申込み後、確認メールを送らせていただいて、受付完了です。

3日以内に返信のない方は、090−1768−3262 かわしままで連絡をください。
申込みが定員に達し次第、締め切らせていただきます。

〈送迎について〉
迎え 長者町駅 13:15 発 送り BF 14:30 発 になります。
送迎が必要な方は、送迎費500円(往復)を個別にいただきます。
この時間に遅れた方はタクシーをご利用ください。

・・・・・・・・・・・

〈プロフィール〉

◉かわしまようこ…草と水、こころとからだの案内をします。

2000年「あ、花だな」と思い、勤めていた会社を退職。ひとと自然の暮らしの接点を表現する活動をはじめ、メディアや展覧会などで雑草の魅力を紹介する。2011年、アマゾン奥地に住むグランマザーを訪ねて以来、食べたりお手当する草を自分で見つける感覚の大切さに気づく。以降、草=自然=わたし=健康=笑い=平和の思いをベースに、自然の声をききながら、こころの声に耳をすます雑草教室やリトリートを全国で開催。作家であり、不調の本当の原因を見つける自然療法やヒプノセラピーのセッションをする自然療法家。
著書に『草と暮らす』(誠文堂新光社)『草かざり』(ポプラ社)『ブータンが教えてくれたこと』(アノニマ・スタジオ)など多数。13年の東京生活を経て、現在は沖縄在住。

◉中原稔…野菜と火、こころとからだの案内をします。

青年海外協力隊として、フィリピンで無農薬栽培の技術指導を2年半。帰国後、農家民宿「百姓屋敷わら」の研修生として働き、“いただく命に感謝をして、調理をする愛の調理法”「重ね煮」と持続可能な生活スタイルの実践方法を学ぶ。
農業生産法人(株)耕せにっぽんのスタッフを勤めたあと、青森県内の土が痩せてほとんど何も育たない三町歩(9千坪)の土地を、炭素循環農法により再生しながら、「お岩木山自然農園」を開く。
無農薬、無肥料の自然栽培で育てた、虫が食べないエネルギーの高い野菜を販売しながら、この奇跡の農法を日本中に広めることが、地球を守ることにつながると確信。「食と医療と教育とエネルギーの自給」を理念に掲げ、エコビレッジ建設を実現するために活動中。

・・・・・・・・・・・

<宿泊に関するご案内>

・宿泊は基本的に皆さま相部屋になります。人数によってコテージも使用して2施設別れて宿泊していただくこともございます。
・暑さ寒さや不便さは農的暮らし体験の一部としてご理解ください。
・夕方〜早朝は冷え込みますので、暖かい格好で寝れるようにしてください。
・虫(蚊が5月〜11月前半までいます)や動物(猫3匹、ヤギ1頭)がいます。苦手な方は虫除けなどご自身で対策してください。

*お車でお越しの場合は、ブラウンズフィールドお客様駐車場P1,P2へお停めください。コミンカ前には停めないようお願いいたします。

〈キャンセルポリシーについて〉
✴︎リトリートの準備等、こころをこめてさせていただきます。
キャンセルポリシーを10日前…50%、7日前100%いただきますことをご了承ください。

<< 一覧へもどる