• コテージ
  • 慈慈の邸
  • ライステラスカフェ
  • ナチュラルストアアサナ
  • サスティナブルスクール
  • 1週間まるごと体験
  • ブラウンズフィールドについて

ブラウンズフィールドについて

everett_deco[1]

ブラウンズフィールドは、写真家エバレット・ブラウンと料理研究家中島デコが自然に囲まれた暮らしをするために1999年に東京から引っ越してきたおうちです。そこに、食を中心として、自然と繋がった暮らしをしたいと考える人が集うようになりました。

現在は、エバレット&デコの住まいであると同時に、カフェ・宿泊・イベントなどをおこなう場所となりました。農園ではオーガニックなお米とお野菜を育て、日本の伝統食である醤油や味噌、梅干し等に代表される発酵食品も手作りしています。カフェやコテージでは、ブラウンズフィールドや近隣の農家さんの畑で採れた食材で作る、玄米菜食のお料理をお召し上がりいただけます。調味料から手作りしているので、ぜひゆっくりと味わってみてください。

2012年には、エバレット&デコがプロデュースした渋モダンな宿、慈慈の邸(じじのいえ)もオープン。感性豊かな建築家、左官、大工、庭師等、日本の匠の技を生かして、伝統的な古民家に新しい命を吹き込みました。藁、粘土、竹など土地の自然素材を使った心が和む空間でテロワール(土地の味わい)の考え方と、「発酵」をコンセプトに地元のオーガニックな食材を中心として心を込めたお料理をご用意しています。 これからも、農や食、人との繋がりを大切して、多くのひとが出会う場所にしていきたいと思っています。

Brown’s Field is an organic farm, café, shop and accommodation located on the Boso Peninsula, just 80km (1 hour by fast train) from Tokyo. Set amongst the rice fields it is a tranquil environment to come and relax and enjoy the simple and pure attributes of nature and to return to the traditions of Japanese farmhouse living.

Established in 1999 by renowned journalist and photographer Everett Kennedy Brown and his wife Deco Nakajima, chef and author of several macrobiotic cookbooks and lecturer at the Kushi Macrobiotic Academy, Brown’s Field focusses on sustainable, organic farming with an emphasis on Japanese traditions.

Whether it’s just for a day trip to enjoy a delicious organic lunch at the Rice Terrace Café, or if you want to unwind and stay for a few days, Brown’s Field is the perfect escape from the hectic city and a chance to immerse yourself in authentic Japanese traditions in a picturesque landscape.