• コテージ
  • 慈慈の邸
  • ライステラスカフェ
  • ナチュラルストアアサナ
  • サスティナブルスクール
  • まるごと体験
  • ブラウンズフィールドについて
おしらせ

2018年度長期&短期スタッフ募集!【コミュニティマネージャー、農スタッフ、慈慈の邸研修生】


ブラウンズフィールド(以下BF)が始まって17年、スタッフやウーファー、その他BFに関わってくれた多くの方々に支えられてここまで成長してきました。これからも、この場所がより持続可能で、たくさんの可能性を実現していくために、この度新体制のBFをともにつくりあげていく新しい仲間を募集いたします。

☆ライステラスカフェ&母屋運営 レギュラースタッフも10月いっぱいまで募集中!
http://brownsfield-jp.com/recruit_cafeomoya2018/
 

◆コミュニティマネージャー(BFの総合窓口業務&ナチュラルストア・アサナでの販売業務) 1名◆

ひとことで言ってしまうと、BFのマネージャー的なポジションです。日々の母屋・慈慈の邸・ライステラスカフェ・コミンカスペース・ナチュラルストアアサナ・畑や田んぼなどで起こっていることを把握し、その魅力を外に発信したり、季節ごとにできる加工品や保存食の商品プロデュース、イベント出店の取り付けなど、地域とBF、都会とBF、海外とBFをつなげられるような人、すでにある仕事をこなすのではなく、自分でどんどん仕事をつくっていけるような人に来てほしいと思っています。


「ブラウンズフィールドは、ご近所さんはもちろん世界中からお客様がやってくるとても不思議な場所です。これまでアサナというショップを通して、たくさんの素晴らしい出会いがありました。
物の売買にとどまらず地域の生産者の方々とお客様を繋ぐ大切な役割も担う、そんなお仕事だと思っています。
(Natural Store ASANAスタッフ なおちゃん)」

〇 〇 〇

過去スタッフとして働いていた「小商いで自由に暮らす」の著者、磯木淳寛さんも、このコミュニティマネージャー的存在として、BFのなかで自ら仕事をつくりながら活躍していたことも。磯木さんに、どんな風に働いていたのかを聞いてみました。

「約1年半、経営マネージメントとブランディングに携わりました。
前職を辞め、ライターとして独立してすぐの時だったので、ライター収入以外の固定収入が得られることは当時かなり助けになりました。

そのころ常に考えていたことは、
「どうやって売上を安定的に上げていくのか」
「どんな仕組みを作ればスタッフが気持ちよく働けるだろうか」
「どうやったらお客さんに知ってもらえて気持ちよく過ごして頂けるか」
の三つだったように思います。

具体的に書くとイメージしやすいかと思うので今思い出せるところを書くと、広報力を高めるためにHPを現在のものに刷新したり、「一週間体験(現:BFまるごと体験)」という企画を作ったり、カフェや宿泊の料金を適正に改定したり、売上と仕入から利益を算出して毎月の改善点を洗い出したり、BFおよび都心でイベントを開催したり、取材対応をしたり(多いです)、企業や持ち込みイベントなどの問い合わせに答えたり、見積もりを出したり、都内のイベントやウェディングの会社やフィルムコミッションに営業したり、各種チラシを作ったり、スタッフの人数や報酬などの内部ルールを決めたり、facebookページを運用したり、メルマガをスタートさせて書いたり、地域とBFを繋げるための企画を考えたり、お隣の古民家を買い取るクラウドファンディングのための文章書きと撮影をしたり(達成!)、空き時間にゲストハウスの掃除やしつらえをしたり、趣味程度にMY畑をやったり(広大なかぼちゃ畑でしたが)、などでしょうか。

現在とは少し状況が違うかもしれませんが、すべてが自由な状況で何をすべきかを考え、スタッフや関係先を巻き込んで実行まで落とし込むのはかなりスリリングで楽しくもありました。

正直に告白すると、ぼくは、ともすれば自然豊かな地方に住みさえすれば心豊かに暮らせるのでは?と、どこかで思っていたように感じます。でも、今あるルールや慣習を疑って、目の前の現実に対して強い意志を持って自分の手で変えていかないといけないのは、都会でも地方でもどんな仕事でも同じなんだな、ということが身に染みてよくわかる貴重な日々でした。

大変なこともありますが、なによりぼく自身がそうだったように、地方で今後独立してやりたいことがある方にもおすすめです。様々なレイヤーの方がたくさん足を運んできてくださる場所なので、友人もたくさんできます!そして、ゆくゆくはいすみでぼくと一緒になにかやりましょう(笑)
(元BFスタッフ、磯木淳寛さん)」

参考:「地方で好きなことをして食べていく」は夢物語じゃない。『「小商い」で自由にくらす』を出版した磯木淳寛さんに聞く、房総いすみ地域に住む人たちの自由な働き方 http://greenz.jp/2017/03/25/books-koakinai/

〇 〇 〇

募集内容:
  ・任期2年以上、就業開始時期は応相談
  ・住み込み/通い選択可
  ・有償(研修時に応相談)
  ・基本週休二日

業務内容:
1.コミュニティマネージャーとしての業務
  ・BF全体のイベント企画・運営
  ・BF全体の総合窓口(メール・取材対応、見学者へのツアーガイド、メールマガジン発行など)
  ・BF全体のPR業務(SNSでの発信や出店計画など)
  ・HP更新やデータ管理など
2.ナチュラルストア・アサナでの業務
  ・BFの商品や書籍の販促業務
  ・店頭販売業務(接客、販売、掃除など)

基本条件:
〇コミュニティマネージャーとして
  BFで2年以上働ける
  コミュニケーションを何より大事にし、ブラウンズフィールド内外の人とのかかわりを楽しみながら働ける
  PC業務/SNSやWebsiteでの発信が得意(Adobe Ilustrator、Photoshopなどが使用できる方優遇!)
  田舎を拠点に仕事をすることに興味がある
  英語での業務が苦ではない

〇BFメンバーとして
  BFの一員として、共に成長し貢献する意欲がある
  BFでの暮らしを積極的に体験したい
  猫犬など動物アレルギーがない、多くの昆虫達と共存する覚悟がある
  不便を面白がることができる
  自分自身でこの環境を活かし、学びに変える姿勢がある
  責任感がある
  心身ともに健康で体力・元気がある

応募方法:
以下の項目を記入し、contact@brownsfield-jp.com(担当:小林)までお送りください。
  1.氏名(フリガナ)
  2.性別
  3.生年月日と年齢
  4.住所
  5.連絡先電話番号
  6.連絡先メールアドレス
  7.応募動機を詳しくお願いします
  8.これまでの職歴・アルバイト歴
  9.自己アピール(特技・趣味など、自由に)
 10.希望される任期(就業開始時期・希望就業年数など)

採用の流れ:
  書類選考(常時)
  ↓
  約一週間の研修
  ↓
  採用(時期は応相談)

 

◆農スタッフ 1名◆

BFの要となるお米、大豆、小麦を育てる人。そのほか自然栽培で野菜を育てたり、簡単な大工仕事、力仕事、そしてBFまるごと体験を母屋・カフェスタッフとともにコーディネートするなど、農作業だけではなく意外とマルチに動く仕事でもあります。


「僕の夢は、オーガニックな畑や美味しいご飯、自然に寄り添ったサスティナブルな暮らしのある、心も頭も体も癒される美しい場所を作ること。
ここブラウンズフィールドにはその全てがあるし、実際に運営していく苦労やノウハウも知り、実際自分でやる時のイメージができました。
僕のような夢がある人や、農園をやってみたい人、自然に寄り添った暮らしをしたい人、自分の作った安心で美味しい食べ物を食べたい人などには素晴らしいチャンスだと思います。

スタッフやお客さんが食べるお米や野菜を、自ら責任を持ち、計画し、作っていく。
約8反の田んぼと約5反の畑を基本的に農スタッフ2人でやりきることはなかなかハードなこともあるけど、太陽を浴び、土に触れ、汗を流し、自分たちの作ったおいしいごはんを食べるという最高に充実した日々が送れます!

また、農作業以外にも田舎で日々暮らしていく中で様々なハプニングがでてきて自分たちで対応しなきゃなんだけど、そういうことって今後生きて行く中で結構役に立ったりするはず。

不便を楽しんだり、全てを学びとして捉えたり、みんなと協力し合い、困難にも柔軟に対応できる能力、大事。

そしてブラウンズフィールドをもっともっと素敵な場所に変えていける人、カモーン!!
(農スタッフ 哲平)」

参考:農スタッフ、哲平の取材記事。農スタッフの魅力や雰囲気がわかるかも。
http://beinspiredglobal.com/interview-browns-field

〇 〇 〇

募集内容:
  ・2018年3月~、任期3年以上
  ・基本的に住み込み
  ・有償(研修時に応相談)
  ・週休二日程度(農繁期や天候、作物の状況によって結構変動します)

業務内容:
  ・米・小麦・大豆およびその他野菜の栽培(基本的に無肥料無農薬)
  ・その他農作業全般(草刈り、農機具の手入れ、農関連のイベントの企画・運営)
  ・母屋仕事(母屋家屋や敷地内の簡単な修繕・整備・大工仕事など)
  ・その他、カフェや宿のサポート、季節の加工食作り、イベント出店、日々の暮らしにまつわる諸々のこと。

基本条件:
〇農スタッフとして
  体力があり、力仕事もできる(重い農業機械や米袋30kgを扱ったりします)
  3年以上BFで働ける
  自然栽培・自然農などに興味がある(経験がある)
  車の運転ができる(MT必須)
  簡単なPC操作ができる
  創意工夫に意欲的である

〇BFメンバーとして
  10名以上のスタッフと寝食を共にできる
  相部屋でも問題なく眠れる
  オーナー含めスタッフとの共同生活において、掃除、まかないの準備など、進んで取り組める
  BFの一員として、共に成長し貢献する意欲がある
  BFでの暮らしを積極的に体験したい
  猫犬など動物アレルギーがない、多くの昆虫達と共存する覚悟がある
  不便を面白がることができる
  自分自身でこの環境を活かし、学びに変える姿勢がある
  責任感がある
  心身ともに健康で体力・元気がある

応募方法:
以下の項目を記入し、contact@brownsfield-jp.com(担当:神ノ川)までお送りください。
  1.氏名(フリガナ)
  2.性別
  3.生年月日と年齢
  4.住所
  5.連絡先電話番号
  6.連絡先メールアドレス
  7.応募動機を詳しくお願いします
  8.これまでの職歴・アルバイト歴
  9.自己アピール(特技・趣味など、自由に)
 10.希望される任期(就業開始時期・希望就業年数など)

採用の流れ:
  書類選考(~2017年10月31日)
  ↓
  約一週間の研修(2017年11月~12月の間)
  ↓
  採用(2018年3月ごろ~)

 

◆慈慈の邸 短期スタッフ 各期間1名◆

オーナーである中島デコがふらりと訪れた日本家屋。BFの母屋から徒歩数分のところにある素敵な場所で宿ができたらいいね、という何気ない思いを、様々な人が繋いできた『テロワールと発酵の宿 慈慈の邸』、来年には6年目を迎えます。
今回は、慈慈の邸の研修生を募集。期間は半年程度ですが、BFでの共同生活、慈慈の邸での宿泊運営、そして多くの人が訪れる場所で色々な想いに触れ、そしてそれを次に繋げていく。そういう何気ない日常を共にしてくれる出逢いがあればいいなと思います。ぜひよろしくお願いします。

〇 〇 〇

募集内容:
  2018年3月1日(木)~5月28日(月) 1名
  2018年7月5日(木)~10月29日(月) 1名
  ※期間は応相談。期間内を通して関わってくださる方を募集しますが、最低1ヶ月からご相談下さい。
  ・住み込み/無償(交通費支給)
  ・基本週休二日程度

業務内容:
  ・慈慈の邸での掃除、洗濯、お部屋準備等、雑務全般
  ・接客、予約管理等、お客様対応
  ・料理補助 ※慈慈の邸では日本懐石料理を提供しています。
  ・花活け 
  ・農作業などBFの一員としての業務
  ・母屋でのまかない作り

基本条件:
〇慈慈の邸研修生として
  宿泊施設の運営に関心がある
  玄米菜食に興味がある
  料理やお菓子作りが好き

〇BFメンバーとして
  10名以上のスタッフと寝食を共にできる
  相部屋でも問題なく眠れる
  オーナー含めスタッフとの共同生活において、掃除、まかないの準備など、進んで取り組める
  BFの一員として、共に成長し貢献する意欲がある
  BFでの暮らしを積極的に体験したい
  猫犬など動物アレルギーがない、多くの昆虫達と共存する覚悟がある
  不便を面白がることができる
  自分自身でこの環境を活かし、学びに変える姿勢がある
  責任感がある
  心身ともに健康で体力・元気がある

応募方法:
以下の項目を記入し、info@jijinoie.com(担当:大野)までお送りください。
  1.氏名(フリガナ)
  2.性別
  3.生年月日と年齢
  4.住所
  5.連絡先電話番号
  6.連絡先メールアドレス
  7.応募動機を詳しくお願いします
  8.これまでの職歴・アルバイト歴
  9.自己アピール(特技・趣味など、自由に)
 10.自己分析(苦手・得意、長所・短所など)

採用の流れ:
  書類選考(~2017年10月31日)
  ↓
  約一週間の研修(2017年11月~12月の間)
  ↓
  採用(2018年3月ごろ~)

***

スタッフ一同、素敵なご縁をお待ちしております。

<< 一覧へもどる