• コテージ
  • 慈慈の邸
  • ライステラスカフェ
  • ナチュラルストアアサナ
  • サスティナブルスクール
  • まるごと体験
  • ブラウンズフィールドについて

親子ネイチャーキャンプ二日目レポート


朝からきっちり晴れた二日目。

ちゃんと眠れたかな?なんてスタッフの心配をよそに、子どもたちの何人かは5時頃から外に出ていました。
そんなに元気があるならば、ということでクロベエの散歩をしてもらうことにしました。
子どもがクロベエを連れているのか?クロベエが子どもたちを引っ張っているのか?微妙な関係ではありましたが、無事BFに戻って来れました。



今日は満月。
朝食後は、醤油の天地返しをしてもらいました。
今年は二年仕込みもあり、味の違いを見てもらうことができました。
うん、二年目の方が塩味がきつくない。旨味もよくでてます。
微生物の力を舌で感じました。

醤油の次は、パンの生地練りをしてもらいました。
夕食に食べる遊ぼうパンに使います。
この作業は毎回子どもたちに好評です。
粘土を捏ねるような感覚が、楽しいのでしょう。

次はランチに食べる流しうどんの用意。
って、なんか一日中食事の用意してますね、僕たち。
そう、食べるって大変なことなんです。

竹でコースを作って、水を流して、
おー、そっちいったぞ〜
そこでうどんが止まっちゃったよ!
ねえ、下の人のこと考えて食べてよ。全然来ないよ。
なんてワイワイしながら、3kgほどのうどんを完食。


午後は近くのビーチへ。
一時間ほど、親子の時間を過ごしてもらいました。
でも、思ったより混んでいて、思ったより風があるので、スイカ割りと遊ぼうパンは、BFに戻って来てからやることにしました。


スイカを食べるときの子どもたち。
ほとんど取り合うように食べてました。
お腹減ってたんだね。


そして、毎回好評の遊ぼうパン。
今回の生地は、プラム酵母。
ふっくらと出来上がった生地は、甘酸っぱくて、大人にも子どもにも大人気でした。
このパン、焼き手の性格がパンの出来に現れます。
せっかちさんは、火に近づけすぎて焦げるし、
先は焼けているのに、しっぽが生煮えのヒトも。
自家製プラムジャムやシソ味噌につけてもなかなかイケル。


夜はまた別行動。

子どもはナイトウオーキング。
夕暮れ迫る近所を子どもとスタッフだけで、一時間たっぷり散歩しました。
途中で「帰るぅ〜」なんてだだっ子が現れるかと思いきや、皆みごと最後まで自分で歩きました。がんばったね!

大人はシネマ先生による楽健法実演。
二人組になって、寝そべったパートナーの身体各部分を足の裏でマッサージしていきます。
やる側もやられる側も気持ちいいのです。

終わった頃に「ただいま〜」子どもたちの元気な声。
長かったね〜 がんばったね! 怖くなかった?
一時間ぶりの再会、ちょっと感動。

Y

三日目へ→

<< 一覧へもどる