• コテージ
  • 慈慈の邸
  • ライステラスカフェ
  • ナチュラルストアアサナ
  • サスティナブルスクール
  • まるごと体験
  • ブラウンズフィールドについて
イベント

<終了> 笹の夏休み 2016


こんにちは!元ブラウンズフィールドスタッフ・渡貫洋介です。
ブラウンズフィールドのご好意により、イベントの告知をさせていただきます。
どうぞ宜しくご検討ください。
——————————————————————
P1010674
高知のお山にある宿「笹のいえ」で過ごす四泊五日の夏休み。
自然豊かな環境に囲まれたこの場所には、遊び場がいっぱい!

たったひとつの約束は、
「自分たちで決める」

なにをして遊ぶのか、何を食べるのか、決めるのは「自分たち」。
自分の頭で考え、選択し、行動します。
スタッフたちは、天候やスケジュールなどを考慮し、子どもたちをサポートします。

おうちではお母さんが用意してくれるご飯も、ここでは自分たちで。
敷地内に生えている竹を切り出して、箸を作るところから始めます。
畑から野菜を収穫して、料理して、食べて、片づけまで。

お風呂に入るなら、薪に火をつけてお湯を沸かします。

日中は、山や川などをフィールドに、地元の「あそびの達人たち」と一緒に過ごします。

アクティビティ例:
釣り 川泳ぎ サップ カヤック ジャングルトレッキング 餅つき 流しそうめん 遊ぼうパン 肝試し 夜空観察 などなど *子どもたちの意向や天候によって変更となる場合があります。
DSCN9795

P1010584

私たちは、このキャンプを通して、子どもたちの自立心や協調性、生活力向上のお手伝いができればと思っています。

参加者は、自分たちで考え行動することによって、普段の生活では見えなかったことに気づくかもしれません。
日頃ご両親がなさっている家事の大切さ、いのちをいただくことの意味や自然との関わりを体感するでしょう。
スタッフは、子どもたちの個性を尊重し、グループの誰もが輝くことのできる瞬間を一緒に作りたいと願っています。

去年の様子はこちらから。

*このイベントは、元ブラウンズフィールドスタッフ・渡貫洋介&子嶺麻が企画運営しています。
——————————————————————

日程:8月3日(水)から7日(日)四泊五日
場所:笹のいえ 高知県土佐郡土佐町地蔵寺3652
集合解散場所:現地もしくは、高知空港・高知駅、または大杉駅(JR土讃線)
募集年齢:小学校三年生以上高校生までの男女
定員:6名ほど(参加者の年齢や男女比によって変わります)
料金:リピータ35,000円 一般40,000円
料金に含まれるもの:キャンプ中の傷害保険・体験宿泊・各種アクティビティ&ワークショップ

予約&問い合わせ:
メール info@sasanoie.com
件名を「笹の夏休み予約(もしくは、問い合わせ)」とし、以下の詳細をお知らせください。
・お名前
・ふりがな
・性別
・年齢
・予定交通手段
・新規/リピータ

*ご予約後、仮予約のご連絡を差しあげます。参加料金のお振込をもって、本予約となります。

直前のキャンセルにはチャージがかかりますので、予めご了承ください。
キャンセルチャージ:
ツアー日より1週間~4日前 30%
ツアー日より3日前~前日  50%
ツアー日当日以降     100%
DSCN9849
********************************

メインスタッフのご紹介

ようすけ
オーストラリアや小笠原などで野生のイルカと泳ぐインストラクターとして活躍。その後、フィールドを海から田畑に移動。BFで4年間農担当として従事。2013年高知県土佐郡に移住。古い民家を改修し、五右衛門風呂やかまどを復活。二年後の夏に、自給的循環生活が体験できる「むかし暮らしの宿 笹のいえ」をオープン。「少し不便だけど、豊かな田舎暮らし」を提供する。

しねま
中島デコの長女として生まれ、ブラウンズフィールドのまかない料理や経理を担当。笹のいえでは、釜戸や薪ストーブでご飯作りと子育ての毎日。三人の子どもの成長を見守りつつ、料理教室などを開催する。著書に「きれいになる「ゆるマクロビ」玄米と野菜のワンプレートごはん」「玄米と野菜のゆるマクロビ弁当」(家の光協会)、デコさんとの共著「小さな子のマクロビオティックおやつ」パルコ出版がある。

*メインスタッフ以外にもスタッフが数名サポートします。
*掲載内容は、変更される場合があります。

DSCN9853
キャンプ FAQ

キャンプについて良くある質問をまとめました。
下記以外にもご不明な点があるときは、お気軽にご質問ください。
お問い合わせ先:info@sasanoie.com

☆☆☆

Q はじめて親元を離れての外泊なので心配です。
A 親元を長期間離れるのは参加する子ども以上に保護者の方も心配だと思います。その一方で、可愛い子には旅をさせてやりたい親心もあるでしょう。しかし、イベントに参加するのは子どもたちです。参加意思は必ず本人に確認し、その答えを尊重してください。「お父さんお母さんが行けと言ったから」とならないようにしましょう。

Q 集合解散場所と時間は?
A 笹のいえに12時集合を基本としています。高知空港か高知駅、大杉駅から送迎も可能です。他の参加者の希望とあわせて、ご相談させていただきながら、集合時間を決めさせていただきます。最終日は、お昼後、笹のいえを出発します。
空港と駅までスタッフが送迎をいたします。前泊後泊がご希望の方はご相談ください。

Q 現地までの交通機関は?
A 飛行機やバス、電車があります。
 高知駅では、電車やバス、高速バスが発着しています。詳しくは、該当会社のホームページをご覧ください。

Q 着替えはどのくらい必要ですか?
A 半袖シャツなら日数分あればいいでしょう。日焼け対策として、水中で着られる半袖か長袖が一枚あると良いでしょう。必要があれば洗濯も可能です。この時期は湿気が高いので、なるべく乾きやすい生地のものをお持ちください。特にタオルは乾きにくいので、スポーツタオルのような速乾性の高いものがおススメです。

Q どんな服装が良いですか?
A 基本は半袖半ズボンと帽子です。川遊びのときは、日焼けやケガ対策のためにTシャツやラッシュガード着用が良いでしょう。この時期の日差しは強く、日焼けしやすいです。特に日焼けに敏感な参加者は、しっかりとケアしましょう。また、川辺は滑りやすいので、かかとがある濡れても良い靴があると安心です。

Q おこずかいは必要ですか?
A イベント中、お金を使うことはありませんが、希望があれば、道の駅や産直などでお土産を買うことができます。貴重品はスタッフがお預かりします。

Q 食事やおやつは?
A 食事は「お米と野菜」を基本にしています。無農薬で育てた自家製野菜や米、地元食材が中心です。おやつや飲み物もこちらでご用意いたします。アレルギーや普段食べさせていない食材などがありましたら、事前にご連絡ください。

Q 泊まる場所はどんなところ?
A 「笹のいえ」母屋です。畳部屋に男女分かれて宿泊します。笹のいえの様子や取り組みは、「笹のいえってこんなところ」をご参照ください。

Q コンポストトイレは初心者でも使えますか?
A 自作のコンポストトイレは、おしっこ用うんち用にバケツが分かれています。大と小を別々にするのに少しコツがいりますが、慣れれば問題ないでしょう。バケツは毎日処理されるので匂いも少ないですが、気になる人は匂い消しにえひめaiをスプレーするといいでしょう。食べるものだけでなく、自分たちから出たものがどう循環していくのかを体験するために、この方法を取り入れています。

Q おねしょが心配です。
A 夜間スタッフがトイレに起こすことができます。起こす時間やタイミングなどがありましたら、事前にお知らせください。

Q 常備薬を飲ませたい。
A こちらも事前にお知らせいただければ、スタッフが対応いたします。

Q キャンプの日程変更があった場合は?
A 荒天などで日程が変更になることがあります。
イベント開始前に変更となるときは、お電話やメールなどでお知らせいたします。開催中の変更は、可能な限り早く保護者様にご連絡いたします。

<< 一覧へもどる