• コテージ
  • 慈慈の邸
  • ライステラスカフェ
  • ナチュラルストアアサナ
  • サスティナブルスクール
  • まるごと体験
  • ブラウンズフィールドについて

ネイチャーキャンプ4日目!


朝起きてから夜寝るまで「自分たちで決めた」スケジュールとルールで生活するネイチャーキャンプ。食事の準備から片付け、掃除洗濯や動物の世話など。子どもたちは慣れない家事をこなしていきます。
日を追うごとに子どもたちの個性が出てくるようになり、彼らはそれをいろんなやり方で受け入れ、吸収していきます。
雰囲気は毎年違いますが、キャンプ中盤以降になるとまとまりが出てくる気がします。

夜解散後も寝る間が惜しいらしく、なかなか寝付けない様子です。
消灯時間はいちよう決まっているものの、「必ず寝なさい」とは言いません。周りに迷惑を掛けない程度の灯りと音なら、そのままにしています。「起きていたいのか、眠りたいのか」も自分で決めてほしいからです。
そのかわり、朝6時の集合には段々足が重くなりますが…

さて、本日午前中は、石けん作り。
慈慈の邸の調理スタッフとしてブラウンズフィールドに関わってもらっている、いづみちゃん。「しゅるてい屋」という屋号で、石けんを手作りしています。
用意された材料を見てみると、
・石けん粉・はちみつ・竹炭・オートミール・ハイビスカス・ハーブ各種…
これは料理教室?と間違えそうなテーブル。
身体に安全なものを使って、ナチュラルな石けんを作っていきます。
難しい行程ななく、自分で選んだフレイバーと材料を混ぜ、成形するだけ。
子どもたちは思い思いの形に創り上げていきます。
二週間程で乾燥し、石けんとして使うことができるそうです。
お楽しみに。

そしてその後は、キャンプ一番のメインイベント、海遊び!
今朝はパラパラと雨が振るくらい厚い雲に覆われていた空。海岸に到着すると、あれよあれよと雲が消え、夏の日差しに。
こうなるともう遊ぶしかない。
泳いだり、波乗りしたり、砂遊びしたり。
明日地球が滅んでも悔いがないくらい、遊び回る子どもたち。笑顔と歓声が弾けます。
お弁当でエネルギーチャージして、再び海へ。
予定の時間はとうに過ぎているのですが、あまりにも楽しそうで、「帰るよ〜」の一声が掛けられないリーダーY(僕のことです)。

それでもなんとか呼び寄せて、次の海岸へ。
ここは打ち上げられた貝やビーチグラスがあり、ビーチコーミングをするために少し時間を取ることにしました。
それぞれ海岸に広がって、宝物探し。これも一度ハマるといつまでも楽しい作業です。

おやつのアイスキャンディは大好評!
乳製品不使用とは思えないほど濃厚な味。
シネマ母ちゃんナイス。
のちに、ねだられるかもしれないお母さんたちのために材料を公開しちゃいます。
・豆乳・固茹であずき(甜菜糖で少し甘みをつけています)・メープルシロップ
シンプル手作りおやつ、おススメです。

近くのホテルに寄って、大浴場で汗と砂を落としてから、BFに戻ってきました。

なんと、留守番組のシネマとS君が、夕ご飯の準備をすっかりしておいてくれました。これには子どもたち(とスタッフ)も大喜び。S君は、一躍ヒーローとなったのでした。

太陽がだいぶ地平線に近づいてきた夕食前。
ひとつやり残していることがありました。
スイカ割りです。
やはり、キャンプに参加したら、スイカは割っておかないといけません。
ということで、食後のデザート作りを兼ねた、スイカ割り大会がはじまりました。
その面白さはご存知の通り。

夕食は、BF産小麦で作ったうどんと野菜かきあげ。
うま〜!
遊び疲れた身体、五臓六腑に染み渡ります。
おかわり〜

頭に忍び寄る眠気を感じながら、夜はビーチカード作り。
どんな作品かは、数日後にご覧いただけますよ。
こちらもお楽しみに。

さあ、いよいよ明日は最後の日だよ!

Y

<三日目 五日目>

<< 一覧へもどる