• コテージ
  • 慈慈の邸
  • ライステラスカフェ
  • ナチュラルストアアサナ
  • サスティナブルスクール
  • まるごと体験
  • ブラウンズフィールドについて
イベント

<終了> おがさわら子どもキャンプ 2016


こんにちは!元ブラウンズフィールドスタッフ・渡貫洋介です。
ブラウンズフィールドのご好意により、イベントの告知をさせていただきます。
どうぞ宜しくご検討ください。
——————————————————————
IMG_7630
東京から南に約1,000km南にある小笠原諸島父島。
船に丸一日揺られてやっと訪れることができるこの場所で、小笠原の大自然を体験しよう!

宿泊先となるプーランは、さらにワイルド。
自称仙人、宿のオーナー・りょうさんから「小笠原流自然との付き合い方」を学びます。
釣りやカヤック、ジャングルトレッキングなど、島ならではの遊びやローカルな食材をふんだんに使用した料理は、子どもたちにとってはじめてのことばかりでしょう。

キャンプは、遊びだけではありません。
食事や掃除洗濯なども自分たちでやります。
準備片付けは誰がやる?どんなものを食べる?お風呂の順番は?
子どもたちが自分で考え、行動します。
DSCN4821
DSCN4881
普段大人たちがやっている家事を自分たちですることは、楽しい体験ばかりではないかもしれません。
これらの経験を通して、自立心や仲間との協調性、生きていく知恵などを学んで行くでしょう。

そして、このキャンプがスペシャルなのは、島の子どもたちも参加すること。
異なる環境で育つ子どもたちが互いを認め、協力し合い、日々の行動を共にします。

子どもたちをサポートするのは、経験豊かなスタッフたち。
ツアー中の安全、心と身体のケアをバックアップします。

2014年の様子は、こちらから。(プーランのブログより)

*このキャンプは、元ブラウンズフィールドスタッフ・渡貫洋介が企画運営しています。
IMG_2082
********************************

宿「エコビレッジ プーラン
父島で循環型の生活を実践中。環境にローインパクトな生き方を提唱しています。

スタッフ紹介:

りょうさん(現地スタッフ)
シーカヤックツアー及びプーランヴィレッジを運営。日夜、小笠原の大自然を通して楽しく生きる方法を実践啓蒙中。最近は、農やヨガにチャレンジしている。2015年小笠原村議員に当選。シーカヤックインストラクター 上級救命講習認定 自然観察指導員

ようすけ
オーストラリアや小笠原などで野生のイルカと泳ぐインストラクターとして活躍。千葉県ブラウンズフィールドに4年間在職後、高知県土佐郡に移住。古い民家を改修し、2015年夏「むかし暮らしの宿 笹のいえ」をオープン。自足的暮らしを営む。

*上記以外にもスタッフが数名サポートします。

********************************

日時:2016年8月20日(土)~28日(日) 八泊九日(うち船中2泊)

定員&年齢:12名ほど(小学4年生から高校生)
*男女比等により募集人数は変わります。定員になり次第、締め切らせていただきます。

予約&問い合わせ:
メール info@sasanoie.com
件名を「おがさわら子どもキャンプ予約(もしくは、問い合わせ)」とし、以下の詳細をお知らせください。
・お名前
・ふりがな
・性別
・年齢
・新規/リピータ

参加費:
★キャンプ初参加の場合
小学生 145,000円
中高生 165,000円(要学生証コピー)
☆キャンプリピータの場合
小学生 140,000円
中高生 160,000円(要学生証コピー)

料金に含まれるもの 往復のおがさわら丸乗船料・ツアー中のおやつ・現地食事&宿泊代・アクティビティ参加費・保険料
料金に含まれないもの 集合解散場所までの交通費・お土産代・初日昼食弁当代

*ご予約後、仮予約のご連絡を差しあげます。参加料金のお振込をもって、本予約となります。
直前のキャンセルにはチャージがかかりますので、予めご了承ください。

キャンセルチャージ:
出発日より一ヶ月前から…30%
出発日より2週間前から…50%
出発日より3日前…80%
前々日から当日以降…100%

*掲載内容は、変更される場合があります。
12974473_812143378917625_3730119867515642306_n
********************************

FAQ

おがさわら子どもキャンプについて良くある質問をまとめました。下記以外にもご不明な点があるときは、お気軽にご質問ください。 お問い合わせ先:info@sasanoie.com

☆☆☆
Q はじめて親元を離れての外泊なので心配です。
A 親元を長期間離れるのは参加する子ども以上に保護者の方も心配だと思います。その一方で、可愛い子には旅をさせてやりたい親心もあるでしょう。しかし、キャンプに参加するのは子どもたちです。参加意思は必ず本人に確認し、その答えを尊重してください。「お父さんお母さんが行けと言ったから」とならないようにしましょう。

Q 集合場所はどこですか?
A 竹芝桟橋待合所(しおり参照)です。建物の中に入ると、チェックインカウンター(8番窓口)があります。周辺で「おがさわら子どもキャンプ」の看板を持ったスタッフがいますので、受付をしてください。お分かりにならない場合は、渡貫の携帯電話までご連絡ください(番号はしおりにてお知らせします)。誓約書・保険証のコピー・学生証のコピー(中高生の参加者)・財布は、乗船後、船室にてお預かりします。船は11時に出港します。乗り遅れることのないよう、時間に余裕をもってお集まりください。

Q 船に酔いやすいのですが
A まず、船酔いしにくい体調作りを心がけましょう。船酔いの原因は、寝不足や空腹、食べ過ぎ等です。酔ってしまったら、室内で横になり安静にします。梅干しを食べるのも気分転換になります。どうしても心配なお子様は、事前に酔い止め薬を服用しておくと安心です。

Q どんな服装が良いですか?
A 基本は半袖半ズボンと帽子です。海遊びのときは、Tシャツやラッシュガード着用が良いでしょう。日差しは強く、日焼けしやすいです。日焼けに慣れていない参加者は、日焼け止めを塗ったり、肌を長時間露出しないなど、特に気をつけてください。海岸や岩場は滑りやすいので、サンダルよりもマリンシューズ(踵のある、濡れても大丈夫な靴)をおススメします。山道を歩くときは足と足首を保護できる履き慣れた運動靴が有効です。

Q 着替えはどのくらい必要ですか?
A キャンプ中の天候にもよりますが、Tシャツなら3、4枚あれば十分です。朝晩は肌寒いことがありますし、日焼け対策としても、長袖が一枚あると良いでしょう。宿で洗濯ができます。この時期は湿度が高いので、なるべく乾きやすい生地のものをお持ちください。特にタオルは、スポーツタオルなどの速乾性の高いものがおススメです。

Q 泳げないのですが
A 海でのアクティビティでは基本的にライフジャケットを着用します。顔や身体を水に浸けることに抵抗がなければ、大丈夫です。もちろん泳げた方がより楽しむことができるので、可能であれば事前にプール等で泳ぎやスノーケルの練習しておくと良いでしょう。また現地スタッフが、参加者のスキルにあわせた指導と練習をします。

Q スノーケルセットは購入した方がいいですか?
A 現地宿泊先でレンタルが可能です。ただし、サイズに限りがあります。すでにお持ちの方は使い慣れているものをご持参ください。これからスノーケルをする機会がある参加者は、店舗で実際に試着をして身体に合うものを購入する方が、海中でのストレスが少ないです。新品マスクはレンズが曇り易いので、事前に油膜落としをしておくと良いでしょう。

Q おこずかいはどのくらい持たせれば良いですか?
A 持参する金額の決まりはありませんが、最終日に町でお土産を買う時間があります。それ以外はスタッフが財布をお預かりします。店によってはビニール袋が有料なところもあります。ゴミを減らすためにもエコバックのご持参をお願いします。

Q キャンプ中の食事やおやつは?
A 行きのおがさわら丸船内では、参加者にお持ちいただく昼食とスタッフが用意した食事を取ります。おやつもこちらでご用意いたしますので、持参は不要です。現地では、玄米と野菜を中心とした食材を調理します。自家菜園や地元野菜の他に、生みたての卵や自分たちで釣った魚などを使用することもあります。アレルギーや普段食べさせていない食材がある場合は、事前にお知らせください。
DSCN4923
Q おねしょが心配です。
A 夜間スタッフがトイレに起こすことができます。起こす時間やタイミングなどがありましたら、事前にお知らせください。

Q 常備薬を飲ませたい。
A こちらも事前にお知らせいただければ、スタッフが対応いたします。

Q 発着予定時刻はどのように確認しますか?
A おがさわら丸の出港及び帰港時刻は別紙しおりでお伝えしていますが、天候や海況等によって変更する場合があります。下記、小笠原海運ホームページにてご確認ください。不明の場合は、渡貫携帯もしくは、プーランヴィレッジ(しおり参照)までご連絡ください。
小笠原海運ホームページ

Q 保険は入っておいた方が良いですか?
A おがさわら丸乗船中は小笠原海運の、また宿滞在中及びアクティビティ中はプーランヴィレッジの保険要項に準じます。ただし、集合場所までの事故、病気や怪我は、この限りではありません。個人用国内旅行保険に加入されると、さらに安心です。保険会社に直接お問い合わせください。

Q 荒天等でスケジュールが変更した場合は?
A 海況などの条件により、キャンプ期間が変更に場合があります。日程が短くなるときは、各業者から返金があるときは速やかにお返しします。振込手数料が発生する場合は、その金額を引かせていただくことがあります。また、おがさわら丸運行状況によって現地で延泊することもあります。その場合、宿泊費として一泊一人あたり5,000円をお支払いいただきますことを予めご了承ください。可能な限り事前にお知らせし、解散時にご清算いただきます。

<< 一覧へもどる