• コテージ
  • 慈慈の邸
  • ライステラスカフェ
  • ナチュラルストアアサナ
  • サスティナブルスクール
  • まるごと体験
  • ブラウンズフィールドについて

おがさわら子どもキャンプ五日目


カレンダーを見れば、キャンプも後半に入りました。

よっし、残りもしっかり遊ぶぞ!

 

日課の掃除と朝食を終え、昨日のキラキラさんと役に立った人を発表。

一番投票があった子には、島の貝を使ったペンダントがプレゼントされます。

もらうとウレシイ&ちょっと自慢。

今日のフィールドは山。

ジャングルトレッキングに出発です。

 

道なき道を進んでいくと、途中にいろいろな発見があります。

島固有の植物、昆虫や菌類。そして、外来種。

この島の歴史とともに変化してきた植生と生態系をりょうさんが話してくれます。

人間がやって来たことによってどういう影響があったのか、これからどうしていけばいいのか。
そのヒントがこのジャングルにあったような気がします。

森を抜けると見慣れた風景。

昨日カヤックで到着したコペペ海岸です。

お弁当を食べて、水遊び。

帰り道、戦跡を見に行きました。
このトーチカには錆びた大砲が残っていて、当時の様子を無言で伝えます。

島にはこのような戦争の跡をあちらこちらに見ることができます。
過去から学び、戦いがもたらしたもの、失ったものを忘れないようにしたい。
子どもたちにはどう映ったでしょうか。

今晩は町の広場で開催される、Jammin’と呼ばれるライブを観に行きます。

島民によるバンドはどの組もかなりレベルが高い。
しかも最前列で見るパフォーマンスは大迫力。
地元観客との交流もあり、子どもたちも島のイベントを楽しんだようでした。

このキャンプには、毎年地元の子どもたちも数名参加してくれています。

毎日家から通って、一緒に遊びます。

地元の遊びは、地元に住む子どもが一番良く知っている。

地元っ子が加わることによって、遊びの幅や知識がとても広がります。

キャンプの主旨を理解、賛同してくださる島民に感謝です。

 

Y

 

<4日目 6日目>

<< 一覧へもどる