• コテージ
  • 慈慈の邸
  • ライステラスカフェ
  • ナチュラルストアアサナ
  • サスティナブルスクール
  • まるごと体験
  • ブラウンズフィールドについて

おがさわら子どもキャンプ三日目レポート


プーラン二日目の朝です。

掃除から一日が始まります。

皆で毎日20分、自分たちの部屋、台所やトイレなどを履き拭き掃除。

子どもたちは、マイぞうきんを使ってあちこちをキレイにしてくれました。

 


その後は希望者を募って、交流センターでラジオ体操。

Yは何十年ぶりに参加し、第二までしっかりとやってきました。

小さいときの記憶とは恐ろしいもので、未だに身体が覚えていて、ほぼ完璧に動けたのには、我ながら驚きました。

帰ってきたら、今度は朝食の準備です。

イソガシイ、イソガシイ。

本日、朝食の当番は、Mr.ルパンチーム。

一晩浸けておいたお弁当用のご飯をお釜で、ダッチオーブンでパンを焼きました。

ご飯、パンとも、大成功!

上手にできました。

キッチンでは、お味噌汁の良い匂いがします。

こちらも期待できそうです。

そしてそして、今晩用の餃子の皮まで作っちゃいます。

朝食メニュー

・パン

・野菜沢山豆乳味噌汁

・島産レモングラスティ

 

1.5kgほどのパンをペロリ。

焼きたては美味しいものね~

さあ、海の準備をして、いざ扇浦へ。

台風のうねりは、昨日よりも大きくなっています。

りょうさんから、諸注意とカヤックの漕ぎ方をレクチャーしてもらい、各艇順番に出発していきます。

最初は息が合わずに、あちらこちらに迷走していたカヤックですが、コツをつかむと、真っすぐ進むようになりました。

いや、初めてにしては上出来です。

境浦についてお昼。

浜辺に生えているタマナの木の葉をお皿代わりに使います。

シンプルな海苔弁だけど、海で食べるお弁当はどうしてこんなに美味しいのだろうか。

りょうさんが作ってくれたアカバの味噌汁も最高でした。


昼食

・海苔弁(玄米・海苔・醤油・シソ・梅干し)

・アカバ汁

デザート

・パッションフルーツ


さて、帰るときになるとうねりはさらに上がり、皆慎重に漕ぎだします。

問題は上陸するとき。

大きな波を避けて、浜に上がらなければなりません。

船員全員の協力と海岸で待つ皆のサポートが大切です。

りょうさんの号令のもと、一艇また一艇と帰ってきます。

でも、あるカヤックが上陸するとき、ちょうど大きな波がやって来てしまい、船は横転。乗っている子どもたちと荷物が投げ出されてしまいました。

全員が一丸となって、船員と荷物の救出に頑張りました。

その甲斐あって、少々の擦り傷程度で済みました。流されたものも無し。

沖で見ていた僕もその瞬間はヒヤッとしましたが、たいしたことなくて本当に良かった。 

 

今晩の夕食は、餃子。

朝仕込んでおいた皮を使って、次々と成形していきます。

子どもが作ったとは思えないほどの美しい形。

皆、上手だな~


焼き上がりもグッド!

もちろん、お味もグッド!!

 

夕食

・ベジ餃子

・玄米ご飯

・お味噌汁

・ヌカ漬け

・島枝豆(希少!)

・差し入れのマグロとオナガダイの刺身

 

ああ、お腹いっぱいになるって幸せ…

 

明日はどんな日になるのかな?

 

Y

4日目へ→ 

<< 一覧へもどる