• コテージ
  • 慈慈の邸
  • ライステラスカフェ
  • ナチュラルストアアサナ
  • サスティナブルスクール
  • まるごと体験
  • ブラウンズフィールドについて
イベント

<終了>【慈慈の邸・3泊4日】12/29~1/1エバデコの半断食デトックスお正月スペシャル


恒例のお正月デトックスプログラム開催です!

年越しを慈慈の邸で過ごしませんか?

なかなか一人では実践しにくい「カラダとココロのデトックス」をエバレット・ブラウンと中島デコがお手伝い。 半断食をしながら散歩やクリスタルボールヒーリング、マクロビオティックのおせち料理を丁寧に作ったり、エバレットさんの写真のワークなど盛りだくさんのプログラム。

今まで溜まったものを排出し、体と心を軽くしましょう。

胃を休めることで、消化に使うエネルギーを減らし
自分の内面をじっくり見つめることができます。

この「半断食」は自分の軸を取り戻すためのプログラムです。

皆様と1年節目の貴重な時間をじっくりかみ締め、味わうときにしたいと願っています。

※切り干し大根茶や甘い野菜のスープなど固形物の少ない軽食を取りながらの「半断食」です。
断食が初めての方でも無理なく参加することができます。
IMG_4137

・日時 2016年12月29日(木)〜2017年1月1日(日)

・場所 慈慈の邸(ブラウンズフィールドより徒歩3分)

・集合時間 12月29日 14時30分

・送迎 外房線 長者町駅 14時15分
(東京からのアクセス例 東京駅13時発わかしお11号
安房鴨川行に乗り 上総一ノ宮で外房線に乗り換えて3つ目が長者町駅)

・参加費 68000円(ペア割引・リピーター割引66000円)

※ペア割引は親子、夫婦、お友達2名様以上が対象です。
※リピーター割引は慈慈の邸宿泊者、イベント参加者が対象となります。
(送迎 各種ワークショップ代 料理教室 込み)

・定員 8名限定

先着順にて申し込みを受付けます。
定員になり次第締切りとなりますのでご了承下さい。

IMG_4164

・スケジュール

29日

14時15分 長者町駅にお迎え
14時半 慈慈の邸 到着 受付
15時 Tea Time オリエンテーション
16時半 甘酒作り
17時 軽食
17時半 エバレット・ブラウンのインサイドライティングワーク
19時半 各自お風呂&自由時間

30日

6時 起床・掃除
7時半 エバレット・ブラウンの若返りチベット体操
8時 軽食
9時 エバレット・ブラウンの心を写す写真のワークVol.1
12時 軽食・自由時間
15時 わら細工体験(簡単正月飾り)
17時半 夕食(7号食・・・玄米1杯をゆっくり噛んでいただきます)
19時 中島デコのクリスタルボウルヒーリング
20時 各自お風呂&自由時間

IMG_4165

31日

4時 起床
5時 呼吸法
8時 軽食
9時半 里山ハイク(散歩のススメ)
12時 料理教室(野菜スープ作り)
13時 軽食・自由時間
16時 手打ち蕎麦体験・年越し蕎麦
19時 エバレット・ブラウンの心を写す写真のワーク Vol.2 (シェアリング)
20時 お風呂・自由時間

1日

6時 起床
6時半 海で拝む初日の出
7時 玉前神社へ初詣
8時半 軽食
9時半 回復食クッキング(マクロビオティックおせち料理)
11時半 回復食
12時半 シェアリング
13時半 解散

IMG_4211

・持ち物 エプロン 三角巾 洗面道具 動きやすい服装 帽子 着脱しやすい靴 筆記用具 デジタルカメラ又は写真が撮れる携帯電話 水筒 防寒着(ウィンドブレーカー等)

・申し込みお問い合わせ
※お申し込みご希望の方は下記のアドレスまで、必要事項をご記入の上ご連絡下さいませ。<info【at】jijinoie.com >【at】 を@にいれなおしてください。

————————————————————————————-

イベント名:
エバレット&デコの半断食デトックスプログラムお正月スペシャル

1.氏名
2.住所
3.電話番号
4.メールアドレス
5.申し込み人数
(※2名様以上の場合はお連れ様の氏名もお知らせ下さい)
6.当日の交通手段 車or電車
7.リピーター割引、ペア割引希望の方はその旨、ご連絡下さいませ。

慈慈の邸 (jiji no ie)
 〒299−4504 千葉県いすみ市岬町桑田1815番地1

20120605-エバプロフィール写真[1]
Everett Brown

アメリカ ワシントン出身。14歳でプロの写真家になることを決心し、世界中を旅する。1988年から日本定住。タイム、ニューズウィーク、ニューヨーク・タイムズ、ロンドン・タイムズ、ル・モンド紙など国内外の主要なメディアで定期的に作品を発表している。日本中を旅し、伝統風俗を学ぶ。姫田忠義や宮本常一、柳田邦男に深く感銘を受ける。著書に、松岡正剛との対談集「日本力」(パルコ出版)や「俺たちのニッポン」(小学館)、妻である中島デコ著「生きてるだけで、いいんじゃない」(近代映画社)。

20120605-IMG_8559[1]
中島デコ

料理研究家。16歳でマクロビオティックに出会い、25歳から本格的に学び始める。二度の結婚で2男3女の母となり、99年エバレット・ブラウンとともに千葉県・外房に移住。この土地との出会いが「ブラウンズフィールド」を生み出した。田園を望む「ライステラスカフェ」や古民家スペースではイベントも開催、料理本やエッセイなど著書も多数ある。BFではスタッフのお母さんとして、またご意見番としても皆から愛される存在。

<< 一覧へもどる